【卓球】Q1を徹底解剖! ミズノが誇る「Q」シリーズの第一歩に最適な裏ソフトラバー | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球用具紹介 【卓球】Q1を徹底解剖! ミズノが誇る「Q」シリーズの第一歩に最適な裏ソフトラバー

2022.12.20

これまで「Q」シリーズを中心に、トッププレーヤーからも注目を集めてきたからミズノから、「Q」シリーズの新作が登場しました。それが、『Q1』です。

今回は、『Q1』を徹底分析し、「Q」シリーズを扱いやすくしたラバーの性能はどのようなものか、どのような選手に適しているのかを見ていきましょう。

『Q1』とは?

『Q1』は2021年12月にミズノから発売されたテンションラバーです。ミズノと言えば、『Q3』、『Q4』のようなハイエンドラバーである「Q」シリーズをこれまで展開してきました。初中級者には「Q」シリーズとは別に、「GF」シリーズも発売されています。

2022年には『Q5』のエネルギー効率を最大化しつつ軽量化した高パフォーマンスラバーの『Q QUALITY』が発売され、卓球プレーヤーの注目を集めました。その『Q QUALITY』と同時期に発売されたのがこの『Q1』です。

それでは、『Q1』の基本的な特徴から詳しく見ていきましょう。

>>Q QUALITYを徹底レビュー インハイランカーに愛されるミズノのこだわり卓球ラバー

『Q1』の重量・硬度

重量

『Q1』の重量は、特厚(2.1mm)のラケットに貼る状態で47g前後、1.9mmでは44g前後、1.7mmでは41g前後だそうです。

近年のテンションラバーでは特厚で50g近くと重めのものもありますが、『Q1』は標準からやや軽い程度の重さです。特厚でも軽い部類に入るので、振り抜きやすくなっています。

硬度

『Q1』の硬度は44度です。同時期に発売された『Q QUALITY』は46度であり、『Q QUALITY』よりも柔らかいです。また、テンションラバーの中でも比較的柔らかい部類に入ります。

>>ミズノQ4はQ3からどう変わった?カットマンにもおすすめの卓球ラバー

『Q1』の特徴

特徴➀:Qの技術をアレンジ

『Q1』の特徴1つ目は、「Q」シリーズで採用されている技術をアレンジしている点です。

「Q」シリーズはほとんどが中上級者用にパワーを最大限引き出せるような設計になっていますが、『Q1』は中級者用にバランスを意識したスポンジで安定感が上がっています。

それでも「Q」シリーズに共通する球持ちの良さや回転は健在で、まさに「Q」シリーズの入門ラバーと言えます。

特徴➁:トップシートにテンション搭載

『Q1』の特徴2つ目は、トップシートにテンションが施されていることです。

テンションによってラバーに食い込みやすくなり、狙ったところにボールを打つ正確性と操作性が上がっています。

特徴➂:トップシートの粒は長め

『Q1』の特徴3つ目は、他の「Q」シリーズに比べてトップシートの粒が長めであることです。

トップシートの粒を長くすることで、打球時に粒が倒れやすく弱い力でもスピードやスピンが出やすいラバーとなります。

近年のスピン系テンションラバーは粒が低く太めに設定されていて回転や強打時の威力を重視していますが、『Q1』は柔らかいテンションラバーと同様にトップシートにこだわりを加えたラバーとなっています。

>>フォルティウスFTは“つかむ”感覚を追求した攻撃力と繊細さを両立した卓球ラケットだ

『Q1』に向いているプレーヤー

ではどのような選手に『Q1』が適しているのかを見ていきましょう。

選手➀:様々な技術がついてきた選手

『Q1』が適している選手1人目は、様々な技術がついてきた選手です。

ある程度技術が身について、威力を求める段階に入ると硬めのスピン系テンションラバーを使用するようになりますが、インパクトの強さが不十分であると扱いづらさを感じます。

『Q1』は元々の硬度が44度の上、トップシートの粒間隔が広く粒自体も長いため、インパクトに自信がない選手でも回転とスピードが乗ったボールを打つことができます。ステップアップ用のラバーとしておすすめです。

選手➁:バックハンドが苦手な選手

『Q1』が適している選手2人目は、バックハンドが苦手な選手です。

『Q1』のトップシートは「Q」シリーズと同様に強くできているため、ボールが滑ることなく相手コートにもっていけます。そのため、バックハンドで掴む感覚を身につけるには『Q1』が適しています。

食い込みも良いため、攻撃時だけでなくブロックでも安定感があります。バックハンドで技術を習得しつつ試合でも使えるラバーとして『Q1』は評価が高いです。

選手➂:「Q」シリーズを今後使用予定の選手

『Q1』が適している選手3人目は、『Q QUALITY』や『Q3』といった「Q」シリーズを後々使用したい選手です。

『Q1』は他の「Q」シリーズよりも柔らかく操作性がよくなっていますが、要所に「Q」シリーズの技術が組み込まれているので、『Q1』を使用することで他の「Q」シリーズに移行しやすくなります。

『Q1』自体もコストパフォーマンスが高いラバーとなっているので、一度他の「Q」シリーズに手を出す前に『Q1』を使用してみる価値があります。

>>【2022年最新版】卓球シューズ/靴おすすめ20選 ミズノやアシックスの人気商品を詳しく紹介

まとめ

いかがでしたでしょうか。「Q」シリーズを初中級者にも馴染めるようにアレンジされたステップアップラバーの『Q1』を一度使用して、「Q」シリーズへの挑戦の第一歩を踏み出してみませんか。

他のおすすめラバーはこちら!

>>【2022年最新版】卓球ラバーおすすめ45選 種類別ランキングも

男子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
7725 pt
2
馬龍(中国)
4400 pt
3
王楚欽(中国)
4345 pt
1
張本智和(日本)
3860 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6740 pt
3
王曼昱(中国)
5275 pt
1
早田ひな(日本)
2830 pt
2
伊藤美誠(日本)
2765 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt