【卓球】ジキル&ハイド V52.5を徹底分析! 強い弧線と高反発が持ち味のXIOM新シリーズラバー | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球用具紹介 【卓球】ジキル&ハイド V52.5を徹底分析! 強い弧線と高反発が持ち味のXIOM新シリーズラバー

2022.12.26

XIOM(エクシオン)が新たに打ち出した「ジキル&ハイド」シリーズに早くも仲間が加わりました。それが、『ジキル&ハイド V52.5』です。

今回は、『ジキル&ハイド V52.5』を徹底分析し、引っ掛かりと高反発が内蔵されたラバーの性能はどのようなものか、どのような選手に適しているのかを見ていきましょう。

『ジキル&ハイド V52.5』とは?

『ジキル&ハイド V52.5』は2022年11月にXIOM(エクシオン)から発売された、スピン系テンションラバーです。XIOM(エクシオン)では、上級者向けの「オメガⅦ」シリーズやコストパフォーマンスに優れた「ヴェガ」シリーズを中心に人気を博してきました。

そして2022年5月には、新シリーズとして『ジキル&ハイド V47.5』と『ジキル&ハイド H52.5』の2製品が発売され、卓球ファンの注目を集めました。そこからおよそ半年で「ジキル&ハイド」シリーズは新たに4製品が加わることとなりました。

『ジキル&ハイド V47.5』と同じく「V」の称号を持つ『ジキル&ハイド V52.5』について基本的な特徴から見ていきましょう。

>>【卓球】36.5 ALXシリーズを徹底分析! シンプルの中にXIOMが業界初の技術を駆使したラケット

『ジキル&ハイド V52.5』の特徴

特徴➀:XIOM技術の結晶、「ELASTO FUTURA」

『ジキル&ハイド V52.5』の特徴1つ目は、XIOMが3つの最新技術を融合させた「ELASTO FUTURA」です。

「ELASTO FUTURA」は、グリップ力や摩擦力に富んだ「DYNAMICFRICTION」、強い弧線を生み出す「CYCLOID」、そしてカーボン粒子を含んだ「CARBOSPONGE」の3技術が1枚のラバーに集約されています。「ELASTO FUTURA」によって『ジキル&ハイド V52.5』は質の高いボールを生み出せるようになっています。

特徴➁:ハードヒッターには嬉しい52.5度

『ジキル&ハイド V52.5』の特徴2つ目は、強打時に威力を発揮できる52.5度という硬度です。

『ジキル&ハイド V47.5』はバランスに優れた47.5度で、威力を持ちながらも安定感が加わったラバーですが、『ジキル&ハイド V52.5』はそれよりも硬い52.5度にすることで、引っ掛かりを活かしつつ更なる威力を求めるプレーヤーに性能を発揮できるようになりました。

特徴➂:内に潜む高い反発力

『ジキル&ハイド V52.5』の特徴3つ目は、内に潜む高い反発力です。

『ジキル&ハイド V47.5』と同様に、『ジキル&ハイド V52.5』も引っ掛かりが強く弧線を描きやすいラバーです。しかし、引っ掛かりが強くても弾まなければ相手コートに浅く入ってしまい、相手に利用されやすくなってしまいます。『ジキル&ハイド V52.5』は強打の際にスポンジが弾みとスピードをアシストしながら、シートで強い弧線や回転を生み出してくれます。

>>【卓球】オメガⅦチャイナシリーズを徹底分析! XIOMの“光”と“影”がもたらす対照的な新感覚ラバー

『ジキル&ハイド V52.5』に向いているプレーヤー

ではどのような選手に『ジキル&ハイド V52.5』が適しているのかを見ていきましょう。

選手➀:『ジキル&ハイド V47.5』では物足りない選手

『ジキル&ハイド V52.5』が適している選手1人目は、『ジキル&ハイド V47.5』では物足りない選手です。

『ジキル&ハイド V47.5』を使用していて、強打時にもう少し威力が欲しい、硬いラバーが好みである、という選手には『ジキル&ハイド V52.5』がおすすめです。『ジキル&ハイド V47.5』と打球感は近く、硬くすることによって更なるスピードと回転が乗ったボールが相手コートに飛んでいきます。

選手➁:自分でインパクトの強弱を調節できる選手

『ジキル&ハイド V52.5』が適している選手2人目は、自分でインパクトの強弱を調節できる選手です。

『ジキル&ハイド V52.5』は引っ掛かりが強く、表面で擦れば低く強烈な回転のループドライブを打てます。これに加えてスポンジに食い込ますまで強く当てるように打てば、スポンジの高反発力が加えたスピードとシートの回転が生み出す最上級のボールが打てるようになります。

選手➂:XIOMのラバーを好む選手

『ジキル&ハイド V52.5』が適している選手3人目は、XIOMのラバーを好む選手です。

『ジキル&ハイド V52.5』はXIOM(エクシオン)の技術をいたるところに駆使したラバーであるので、特にこれまで「オメガⅦ」シリーズを使用してきた選手は違和感を覚えることが少なくなります。また、「ヴェガ」シリーズからのステップアップとしても、シートが強くボールが落ちにくいラバーであるので難なく使用できます。

>>【卓球】ジキル&ハイド V47.5を徹底レビュー! 引っ掛かりを強めたXIOMの最新裏ソフトラバー

まとめ

いかがでしたでしょうか。引っ掛かりと高反発を追い求めた『ジキル&ハイド V52.5』を一度手にして、あなたも緩急自在なパワー卓球を目指してみませんか。

『ジキル&ハイド V52.5』以外のおすすめラバーはこちら!

>>【2022年最新版】卓球ラバーおすすめ45選 種類別ランキングも

男子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
7725 pt
2
馬龍(中国)
4400 pt
3
王楚欽(中国)
4345 pt
1
張本智和(日本)
3860 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6740 pt
3
王曼昱(中国)
5275 pt
1
早田ひな(日本)
2830 pt
2
伊藤美誠(日本)
2765 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt