2020年、最も読まれた大会報道は「Tリーグ2季目の"あの試合"」<年間アクセスランキング> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:試合後写真を撮る日本生命の選手/提供:©T.LEAGUE

アクセスランキング 2020年、最も読まれた大会報道は「Tリーグ2季目の“あの試合”」<年間アクセスランキング>

2020.12.30

五輪イヤーだったはずの2020年。新型コロナウイルス感染拡大により、東京五輪は延期、国際大会も半年以上開催されないなど、卓球界は未曽有の事態に見舞われた。

そんな中、Rallysでは、コロナ禍以前はもちろん、卓球界が再び歩み始めてからは国内外各地の大会報道を実施してきた。

どの大会報道が注目を集めたのだろうか。今回は、2020年内に公開されたRallys大会報道の年間アクセスランキングトップ10を発表する。

第1位:平野美宇が大逆転勝利 日本生命、ファイナル進出決定<卓球・Tリーグ

第2位:五輪代表・石川/平野ペア、歓喜の決勝進出 中国の牙城崩す<卓球・ドイツオープン>

第3位:インハイ王者の戸上が丹羽を破る<全日本卓球2020>

第4位:全日本卓球選手権スーパーシード発表 宇田幸矢、早田ひなが男女第1シード

第5位:混合複ベスト4揃う 3連覇狙う森薗/伊藤ペアは辛勝<全日本卓球2020>

第6位:早田ひな、令和初の女王に 伊藤、石川の五輪代表連破<全日本卓球2020>

第7位:伊藤美誠がカットマンに滅法強いワケ 中国キラー・佐藤瞳戦の緻密な戦術

第8位:宇田幸矢、高速卓球で勝利 決勝は張本との高校生対決に<全日本卓球2020>

第9位:伊藤美誠、決勝へ リオ五輪金に圧巻のストレート勝ち<卓球・カタールオープン>

第10位:張本智和、悔しさにじむ準V 「また一からやるしかない」<全日本卓球2020>

全日本の注目度高し

第1位に輝いたのは、Tリーグセカンドシーズンで日本生命レッドエルフがファイナル進出を決めた試合の記事だ。

また、2020年は国際大会が少なかったとは言え、10本中6本が全日本関連の記事と、全日本の注目度の高さが表れている。

2021年の全日本は無観客開催となるが、Rallysは現地入りし各選手の熱戦を報道予定!お楽しみに!

>>Rallysの大会報道ページはこちら

男子ランキング
2021.01.17
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.01.17
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt