女子団体で王者誕生 男女単はハイレベルな優勝争いに<全中最終日見どころ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:優勝した貝塚第二中メンバー/撮影:ラリーズ編集部

大会報道 女子団体で王者誕生 男女単はハイレベルな優勝争いに<全中最終日見どころ>

2021.08.26 文:ラリーズ編集部

<第52回全国中学校卓球大会 日時:8月24日~26日 場所:日環アリーナ栃木>

25日、全国中学校卓球大会は2日目を迎え、男女団体の決勝戦と、男女シングルスの2回戦までが行われた。

2日目総括


写真:菅沼翔太(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

男子団体決勝には、先日の高校総体と同じ顔合わせの愛工大名電と野田学園が並んだ。宿敵対決となった試合は、1番で菅沼翔太(愛工大名電)、2番で吉山和希(愛工大名電)が勝利し、2-0で愛工大名電が優勝へ王手をかけた。続く3番で丸川智弘/大坪祥馬(野田学園)ペアが3-1で勝利すると、4番で小園江紀也(野田学園)が坂井雄飛(愛工大名電)に勝利し、勝負はラストに託された。


写真:丸川智弘/大坪祥馬(野田学園)ペア/撮影:ラリーズ編集部

ラストでは杉浦涼雅(愛工大名電)が中盤から追い上げを見せて渡辺涼吾(野田学園)に3-1で勝利。愛工大名電の2連覇達成となった。


写真:上澤杏音(貝塚第二)/撮影:ラリーズ編集部

一方女子団体決勝には、連覇を狙う四天王寺と初優勝を狙う貝塚第二による大阪対決が実現した。1番で竹谷美涼(貝塚第二)がフルゲームを制すると、2番で上澤杏音(貝塚第二)が1-2で山本真愛(四天王寺)にマッチポイントを握られた。しかし、デュースに持ちこんで4ゲーム目を取ると、最終ゲームも上澤が取って逆転勝ちした。


写真:兼吉優花/萩原怜奈(四天王寺)ペア/撮影:ラリーズ編集部

続くダブルスを四天王寺の兼吉優花/萩原怜奈ペアが3-0のストレートで制すが、4番で篠原夢空(貝塚第二)が伊藤詩菜(四天王寺)に3-0のストレートで勝利し、貝塚第二が初優勝を飾った。貝塚第二は、Tリーグ・日本生命レッドエルフの下部組織、ジュニアアシスト卓球アカデミーで腕を磨くメンバーが所属しており、その実力を見せつけた。


写真:小塩悠菜(星槎)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルス2回戦では薜大斗(河北台)や渡部民人(星槎)らが、女子シングルス2回戦では小塩悠菜(星槎)や吉田一葉(玖珂)らが勝利し、3回戦へと駒を進めた。

最終日となる26日には、男女シングルスの決勝戦まで行われる。

最終日見どころ


写真:吉山和希(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルスでは、団体で優勝した愛工大名電の吉山や杉浦、菅沼といった主力選手が勝ち残っている。団体に続いて2冠を達成することができるのか注目だ。


写真:松島輝空(星槎)/撮影:ラリーズ編集部

名電勢以外にも、決勝に進んだ野田学園の選手や、松島輝空(星槎)や渡部といったエリートアカデミー所属の選手らの勝ち上がりにも期待がかかる。


写真:伊藤詩菜(四天王寺中)/撮影:ラリーズ編集部

女子シングルスでも貝塚第二の上澤や篠原といった主力が残り、2冠をめがけて3回戦に臨む。四天王寺の伊藤や清水愛未も団体のリベンジを目指す。


写真:張本美和(川中島中)/撮影:ラリーズ編集部

他にも小塩や張本美和(川中島)といった精鋭が着実に勝利を重ねている。熾烈な優勝争いで一体誰が勝ち抜けるのか。1試合1試合が見逃せない。

全国中学校卓球大会とは?

「全中」と呼ばれることが多い全国中学校卓球大会は、大学生の全日学(インカレ)、高校生の高校総体(インターハイ)と並んで学生卓球の頂点を決める大会である。

試合は男女団体と男女シングルスの計4種目で行われる。団体は6人で、4シングルスと1ダブルスで重複ができないシステムとなっている。出場可能な選手は各ブロックの代表チームや選手に加え、開催地代表枠と、日本卓球協会の推薦枠が存在する。


写真:台のアルコール消毒を行う審判員/撮影:ラリーズ編集部

今大会もコロナ対策が施されている。試合以外でのマスクの着用や、検温・消毒についても選手や審判員が徹底している。

歴代優勝者一覧

>>全国中学校卓球大会(全中)歴代優勝一覧 男子編|平成元年~令和2年・完全保存版

>>全国中学校卓球大会(全中)歴代優勝一覧 女子編|平成元年~令和2年・完全保存版

貝塚第二中特集

>>憧れは平野美宇と劉詩雯 14歳でTリーグ入りした“日本卓球界期待のホープ”篠原夢空

>>「大好きなライバル」双子の姉たちを追いかけて 貝塚第二中キャプテン上澤杏音

>>持ち味は“身体能力”と“強心臓” 卓球を楽しみ、伊藤美誠に憧れる道産子・吉本はな

>>卓球男子日本代表監督の愛娘・倉嶋杏奈「卒業するときはお父さんのようにエースに」

>>きっかけは「カットマンって楽で楽しそう」 叔母は元卓球日本代表・樋浦光

>>“卓球一家のサラブレッド”が日本生命のジュニアチーム加入 期待の大型新人・竹谷美涼

男子ランキング
2022.01.11
世界
日本
1
樊振東(中国)
14145 pt
2
馬龍(中国)
10510 pt
3
許昕(中国)
8630 pt
1
張本智和(日本)
8505 pt
2
丹羽孝希(日本)
4943 pt
3
水谷隼(日本)
4578 pt
女子ランキング
2022.01.11
世界
日本
1
陳夢(中国)
13100 pt
2
孫頴莎(中国)
12500 pt
3
伊藤美誠(日本)
9965 pt
1
伊藤美誠(日本)
9965 pt
2
石川佳純(日本)
6440 pt
3
平野美宇(日本)
5713 pt