多くの人に卓球に興味を持ってほしい!Tリーグをプロ野球で考えてみた


徐々にTリーグの参加選手が出揃いつつある。開幕まであと2ヶ月を切った段階で「出揃いつつある」とはなんとも剣呑な話だが、少なくとも男子は、日本のトップ選手たちが揃い踏み。水谷隼張本智和丹羽孝希吉村真晴…。メンバーを見渡せば「Tリーグが世界一レベルの高いリーグを目指す」という言葉の本気度が伺える。

ただ、この盛り上がりが卓球に興味がない層に届くかは別問題だ。折に触れてTリーグについて「ついに日本の卓球もJリーグとかプロ野球とかBリーグみたいに一気にスポーツ産業として盛り上がる!」と力説してきた。だが、たいてい興味がない人たちから返ってくる言葉はこんなものだ。「へえぇ〜 知らなかった。で、誰がなんていうチームに入ってて、どこが強いの?」と。

もっとTリーグを知ってもらうためにどう説明すればいいのだろう。「プロ野球にたとえてみたらわかりやすいんじゃない?」ちょっとラリーズ編集部は(真面目に)考えてみた。

「木下マイスター東京=読売ジャイアンツ」説

水谷に張本と2枚エースを擁するのが木下マイスター東京。Wエースの脇をがっちりと固めるのが松平健太大島祐哉のイケメン2枚看板だ。ちょっと贅沢すぎないか…。こんなんもう勝てないじゃん…。と声が聞こえてきそうな豪華な選手陣に東京に本拠地を置いている点などはまさに「卓球界の読売巨人軍」。そう説明すれば卓球素人も「なるほど!」と納得してくれるはず。

松平と大島の写真だけ明らかに他の選手のトーンと違う…!爽やかすぎて光ってる…(木下マイスター東京HPより)

「T.T彩たま=阪神タイガース」説

T.T彩たまの「助っ人外国人」左から黄鎮廷(中国香港)、鄭栄植(韓国)、ティアゴ・アポロニア(ポルトガル)
写真:新華社/アフロ、AP/アフロ


野球界には巨人の永遠のライバル、阪神タイガースが存在する。Tリーグで阪神タイガースにあたるのはT.T彩たまだろう。監督には強烈なキャラクターで日本卓球界を牽引してきた坂本竜介氏が就任。コーチ兼選手には岸川聖也が、エースにはリオ五輪メダリストの吉村真晴が揃った。さらに平野友樹も脇を固める。(平野友樹参戦は球団からは未発表)T.T彩たまが木下マイスターのライバルたる理由は出身校にも現れる。木下マイスターの主力の水谷・松平が名門・青森山田高校、そして田添健汰兄弟が早田ひならと同じ希望が丘高校出身であるのに対し、岸川・吉村・平野は青森山田・希望が丘と並ぶ名門の仙台育英の名将・橋津文彦氏(後に野田学園)に薫陶を受けている。「橋津ファミリー」をさらに強固にするのが「助っ人外国人」たち。黄鎮廷(ウォン・チュンティン)にチョンヨンシクと強力なメンバーが加入した。

国内最強軍団である木下マイスターに総力戦で挑む。これはもう屈指の好カードになる予感しかしない。将来「巨人阪神戦」ならぬ「マイスター対T.T戦(略してマイティー戦)」が卓球の歴史を作っていくのかもしれない。

「岡山リベッツ=広島カープ」説

左から岡山リベッツの吉村和弘、森薗政崇、吉田雅己
写真:ラリーズ編集部


プロ野球界の市民球団と言えば広島カープだ。Tリーグの市民球団といえば広島のお隣・岡山県で生まれた「岡山リベッツ」だ。球団名には地元ジーンズのパーツである“リベッツ”を冠する。球団社長の羽場誠氏も「卓球と岡山の懸け橋でありたい」との言葉の通り、複数のスポンサーを地元企業から募り、Tリーグへと参戦した。メンバーにはリオ五輪出場メンバーこそいないものの、キャプテンの上田仁は社会人選手権3連覇の猛者だ。さらにインドリーグでMVPを獲得した吉田雅己、若手のホープ森薗政崇(イケメンとの評判も)ががっちりと支える。3名とも青森山田で年齢も近い。特に森薗はダブルスに定評があり、チーム力は単に世界ランキングだけでは測れない。広島カープ同様、中国地方からの下剋上なるか。チームの団結力に注目だ。

「琉球アスティーダ=横浜DeNAベイスターズ」説

左から琉球アスティーダの江宏傑(チャイニーズタイペイ)
丹羽孝希、荘智淵(チャイニーズタイペイ)
写真:YUTAKA/アフロスポーツ、ラリーズ編集部、picture alliance/アフロ


Tリーグ男子4チームの中でも未知数なのが琉球アスティーダだ。球団社長に実業家の早川周作氏が就任し、業界慣習に縛られることなく新風を吹き込む。すでに“卓球YouTuber”として名が高いぐっちぃ氏が加入し、卓球関係者を驚かせた。選手層も分厚い。エースはなんと言っても丹羽孝希。水谷に並ぶワールドクラスの選手である。他にも松平賢二、台湾出身の世界ランキング最高3位の荘智淵福原愛(Tリーグ理事)の夫として知られる江宏傑ら実力派が揃う。異業種からの参戦としては横浜DeNAと似ている、と思えば似ていなくもない。

こうしてつぶさに見てみると4チームはそれぞれ特色が豊かだ。企業名が入っているチーム、地元の名産品が由来のチームなど様々だ。これを不揃いと見るか、ユニークと見るか、ただ、開幕までは残り2ヶ月を切っている。山手線の駅でもPRが始まった。松下チェアマンと卓球ファンの夢が詰まったリーグだけに、全力で応援しまくるしかない。

※ラリーズでは公式ツイッターにて読者のみなさんにアンケートを実施中です。どこのチームが勝つか、皆さんぜひご意見をお寄せください。

文:武田鼎(ラリーズ編集部)
写真:Tリーグ

関連リンク

卓球「Tリーグ」と同時期開幕の「麻雀プロリーグ」 2つの新リーグの共通点と課題
【卓球】Tリーグの試合形式を徹底解説 3つの独自ルールとは
【卓球・Tリーグ】チケット価格が公表 他リーグとの値段を比較してみた
【卓球・Tリーグ】T.T彩たま、坂本監督「危機感ツイート」の真意
【随時更新】卓球Tリーグが2018年秋開幕!参加チーム・選手の最新情報まとめ

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする