Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 試合日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.10.25

【卓球・Tリーグ】女子開幕戦は平野美宇・常晨晨の国際ペアが快勝 チームに勢い<女子開幕戦・1番ダブルス>


*写真は常晨晨日本生命レッドエルフ・左)、平野美宇(日本生命レッドエルフ)

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン女子開幕戦 10月25日(木)>

25日、前日にスタートした卓球新リーグ「Tリーグ」の女子開幕戦が両国国技館で行われた。女子の開幕戦は、海外選手を揃えたTOP名古屋(以下、名古屋)と、平野美宇を擁する日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)のカード。前日の男子開幕戦では、水谷隼張本智和が率いる木下マイスター東京初戦を勝利で飾った。女子はどちらに軍配があがるのか、華々しいオープニングセレモニーがフィナーレを迎えると、いよいよ試合の火蓋が落とされた。

1番:森薗美咲/呉穎嵐(名古屋)vs 平野美宇/常晨晨(日本生命)

独自ルールに基づくTリーグでは、1番を2ゲーム先取のダブルスで行う。団体戦の流れを作る先鋒が2ゲーム先取とあって、このダブルスの1ゲーム目はチームの勝敗を大きく左右する可能性が高い。そんな緊張感のある中、両チームの運命を握る出場選手が発表された。TOP名古屋は森薗美咲/呉穎嵐ペア、対する日本生命レッドエルフは平野美宇/常晨晨ペアがこの大役を担うことに。果たして勝負の行方は。

第1ゲーム

記念すべき1点目を奪ったのは日本生命の平野/常ペア。ラリーの続く見ごたえのある展開が多くなるが、“ハリケーン”とも称される平野の持ち味”高速バックハンド”が火を吹き、日本生命ペアのリードが続く。リードを徐々に広げた日本生命ペア、最後は平野の高速台上フォアハンドが決まり、11-5で大事な1ゲーム目を先取した。

第2ゲーム

後がない名古屋だが、2ゲーム目は呉の好プレーで幸先よく4点連取に成功。しかし、日本生命ペアも黙ってはいない。平野・常の逆襲により、すぐさま4-4と追いつかれてしまう。次の1点も日本生命に入ると、流れを変えたい名古屋がタイムアウトを取得した。タイムアウト後はお互いに点数を重ね合い、7-7となる。接戦ムードになるかと思われたが、平野/常の堅い守りで相手のミスを誘い、そのまま11-7で取得。チームに貴重な1つ目の勝ち星をもたらした。

団体戦の流れを作る大事な1番ダブルスを先取した日本生命、対する名古屋は反撃なるか。

Tリーグ2018/19女子開幕戦 TOP名古屋 1-0 日本生命レッドエルフ

森薗美咲/呉穎嵐(名古屋) 0-2 ◯平野美宇/常晨晨(日本生命)
5-11/7-11

男子開幕戦の全試合結果はこちらから

男子開幕戦のダイジェスト動画はこちらから

文・写真:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」