Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.10.25

【卓球・Tリーグ】日生・早田ひなが巧みなサーブレシーブで女子W杯3位の名古屋・鄭怡静に勝利<女子開幕戦・2番シングルス>

早田ひな

*写真は早田ひな日本生命レッドエルフ

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン女子開幕戦 10月25日(木)>

25日、卓球新リーグ「Tリーグ」の女子開幕戦が行われた。歴史に残る一戦は、平野美宇早田ひなを擁する日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)と、強力な海外選手を揃えたTOP名古屋(以下、名古屋)との対戦に。試合の鍵をにぎる1番のダブルスは、日本生命の平野美宇/常晨晨ペアが制した。流れを取り戻したい名古屋はチャイニーズタイペイのエースも務める鄭怡静に2番の大役を任せた。対するは、早田ひな(日本生命)。お互いに譲れない戦いが始まった。

2番:鄭怡静(名古屋)vs 早田ひな(日本生命)

第1ゲーム

会場のボルテージが高まってきたところで、2番のシングルスが始まった。名古屋が2番に起用した鄭は先日の女子ワールドカップ銅メダリストである。その鄭が立ち上がりから世界トップクラスのプレーを披露。明らかに他の選手よりも速いスイングスピードから放たれるボールは、早田をもってしても止めることができない。第1ゲームは最後まで鄭の展開が続き、11-5で名古屋がこのチームマッチ初めてのゲームを取得した。

第2ゲーム

第1ゲームをあっさり奪われてしまった早田だったが、日本生命ファンの声援に後押しされるかのように好プレーを連発。サーブ・レシーブで主導権を握り、8-4と早田がリードを広げた。特に最近強化している巻き込みサーブでサービスエースを量産すると、そのまま11-4と今度は早田が大量点差でゲームを奪い返した。

第3ゲーム

お互いに1ゲームを奪い合った後の大事な3ゲーム目、序盤にリードしたのは日本生命・早田だった。質の高いサーブやレシーブなどの台上プレーで、名古屋・鄭のミスを次々に誘う。気が付けば11-2と、またも早田の展開が続き2ゲームを連取した。

第4ゲーム

4ゲーム目になり、このままでは終われない名古屋・鄭が猛攻を見せる。持ち前のパワーで早田を撃ち抜き、苦戦していたレシーブからもポイントを重ね7-4とリードを広げた。しかし、徐々に良くなる鄭のレシーブに早田も即座に対応し、3ゲーム目まで効いていたサーブに変化をつけ始めた。サーブの変更が功を奏し、見事に早田が逆転に成功、そのまま7点連取でゲームに終止符を打った。この早田の勝利により、日本生命が開幕戦勝利に王手をかけた。

後がない名古屋は3番以降どのような戦いを見せるか、注目が集まる。

Tリーグ2018/19女子開幕戦 TOP名古屋 0-2 日本生命レッドエルフ

森薗美咲/呉穎嵐(名古屋)0-2 ◯平野美宇/常晨晨(日本生命)
5-11/7-11

鄭怡静(名古屋)1-3 ◯早田ひな(日本生命)
11-5/4-11/2-11/7-11

女子開幕戦の結果はこちらから

女子開幕戦の前半戦ダイジェスト動画はこちらから

男子開幕戦の全試合結果はこちらから

男子開幕戦のダイジェスト動画はこちらから

文・写真:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
早田ひな
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」