田添響の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:田添響/提供:ittfworld

卓球選手紹介 田添響の使用用具・大会成績・プロフィール

2020.08.01 文:ラリーズ編集部

今回は、卓球国内リーグ・ノジマTリーグで「岡山リベッツ」に所属する田添響を紹介します。プロフィール、プレースタイル、使用用具などの基本情報から世界ランキングを上げる要因となった国際大会での戦績などについても触れていきます。

魅力的なルックスと確かな実力を併せ持ち、女性のファンも多い田添響。甘いマスクとは裏腹に長身から繰り出される猛々しいプレーは印象的です。そんな田添響のプロフィールを見ていきましょう。

>>田添も出身・石田卓球クラブ “年1300時間”練習 元百貨店マンに聞くメダリスト育成の極意

>>【卓球・田添響】「結果がすべて」誓いの手紙で始めた卓球人生<インタビュー前編>

>>【卓球・田添響】「自分のプレーを見て卓球を始めてくれたら」 <インタビュー後編>

田添響とは?

田添響は2016年ITTFチャレンジタイオープンで男子シングルス3位に輝いた選手です。日本国内では2018年全日本選手権大会の男子シングルスでベスト8に入る実力者です。

Tリーグにも参戦しており、サードシーズンからは岡山リベッツの一員として勝利を目指します。

プロフィール

田添響は1996年6月2日生まれの24歳(2020年8月現在)で、福岡県北九州市出身です。身長は178cmです。兄は1つ年上で木下マイスター東京に所属する田添健汰です。

田添が卓球を始めたのは6歳の時で、父と兄の影響で強豪の石田卓球クラブで卓球を始めました。ここは北京五輪やロンドン五輪に出場し、活躍したことのある岸川聖也を輩出したことでも有名なクラブチームです。

小学校高学年ではナショナルチームに所属していました。中学校は地元の中間東中学校に進学し、高校は地元の希望ヶ丘高校に進学しました。高校ではインターハイ団体では当時8連覇中であった青森山田高校を破り、優勝を飾りました。男子ダブルスでは2年連続3位になるなどの輝かしい成績を残しました。

大学は東京の強豪・専修大学に進学します。大学では練習場所の拠点をドイツに移し、武者修行の旅に出ます。石田クラブやドイツリーグ参入など地元の岸川聖也に憧れているのが見て取れます。

2017年ドイツのブンデスリーグ2部では22勝3敗という好成績を残します。2018年に日本に帰って来てからの全日本選手権大会ではベスト8に初めて入りました。

2018年からはTリーグにも参戦します。ファーストシーズン、セカンドシーズンは木下マイスター東京から参戦していましたが、2020年4月からは岡山リベッツに所属しています。

2019年12月には個人では日本初となるドイツの卓球メーカー・ティバー社との用具契約を交わしたことを発表しました。

田添響Twitter

プレースタイル

田添響の戦型は右シェーク裏裏のドライブ型です。田添の最大の持ち味はバックハンドです。また、178cmという長身を活かした大胆でパワフルなプレーで相手を圧倒します。

多種多様なサーブからのバックハンドやチキータでの攻撃で相手にプレッシャーを与えるのが得意です。

大胆に攻めるべき所は攻めますが、要所になると繊細でミスのないプレーも持ち合わせています。

劣勢の場面での相手の攻撃にも後陣からの強烈なバックハンドにより一気に形成を逆転させることができ、底力は国内屈指といえるでしょう。

使用用具

田添響はティバーの契約選手で、用具はすべてティバーのものを使用しています。使用用具は、ラケットが「フォティーノ プロ」で、ラバーはフォア面に「エボリューション MX-S」、バック面に「エボリューション MX-P」を使用しているようです。

これらの用具について、田添は「ティバーのラバー、ブレードは自分のプレースタイルに凄くマッチしていると感じます」とコメントしています。

世界ランキング

田添響の世界ランキングは2018年4月には1040位でした。しかし、2018年10月には自己最高の251位と約半年の間に一気にランキングを上げました。現在の世界ランキングは341位(2020年4月時点)となっています。

国内大会での主な戦績

2018年 全日本卓球選手権大会 男子シングルスベスト8

国際大会での主な戦績

2016年 タイオープン シングルスベスト4

まとめ

甘いルックスと確かな実力でファンを魅了する田添響。そのポテンシャルは日本でもトップクラスで、兄の田添健汰ともども今後のさらなる活躍に期待がかかる選手です。Tリーグサードシーズンでは兄弟で別々のチームとなり、兄弟対決が実現するかもしれません。今後も田添響から目が離せません。

田添響が活躍した試合の動画

田添響に関する記事の一覧はコチラから

田添響関連記事

男子ランキング
2020.10.21
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.21
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt