吉田雅己の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:吉田雅己/撮影:ラリーズ編集部

卓球選手紹介 吉田雅己の使用用具・大会成績・プロフィール

2022.12.20

文:ラリーズ編集部

今回は、国内外で数々の好成績を残し、過去最高世界ランキング18位の実力者、吉田雅己木下マイスター東京)を紹介します。
プロフィール、プレースタイル、使用用具などの基本的な情報から、世界ランキングを上げる要因ともなっている国際大会での戦績にも触れます。

ジュニア期から現在まで数多くの大会で活躍している吉田雅己。まだまだ活躍が期待されます。
そんな吉田雅己のプロフィールを見ていきましょう。

>>【吉田雅己#1】 “サムライ”卓球Tリーグへ挑む ケガを乗り越えろ

>>【吉田雅己#2】日本人初のインドリーグへ 優勝・MVP獲得の裏側 

>>【吉田雅己#3】なぜ僕は「勝ちきれない卓球選手」なのか 巨人・丹羽孝希の登場

吉田雅己とは?

吉田雅己は、2016年の全日本選手権でダブルス優勝などの国内大会での活躍に加え、国際大会でも数多くの好成績を残しています。卓球ファンからは「侍」と呼ばれ、国内外の大会だけでなく、海外リーグでもで活躍してきた選手です。2020年には全日本選手権のシングルスで自己最高となるベスト4進出を果たしました。

Tリーグにも参戦しており、昨年までは岡山リベッツに所属していましたが、2021年の4thシーズンは木下マイスター東京から参戦しています。

他にも数々の大会で優勝を飾っている吉田雅己のプロフィールを見ていきましょう。

吉田雅己のプロフィール

吉田雅己(よしだまさき)は1994年9月30日生まれの28歳(2022年12月時点)で、北海道札幌市の出身です。父はインターハイベスト16、母は実業団の選手、上の2人の兄も卓球経験者という卓球一家に生まれ、6歳から自宅横の卓球場で卓球を始めました。同世代には丹羽孝希や町飛鳥らの実力者がそろっており、青森山田の黄金世代と言われていました。

小学生の時から全日本選手権のバンビ、カブ、カデットの部で多くの好成績を残しました。中学から卓球の名門である青森山田に進学すると、全国中学校大会ではシングルス優勝、インターハイでもシングルス優勝などの輝かしい実績を残しました。


写真:吉田雅己/撮影:伊藤圭

その後、愛知工業大学に進学すると、ITTFワールドツアーU21の部で多くの好成績を残します。さらに、国内でも2016年の全日本選手権で水谷隼をペアを組み、ダブルス優勝を果たすなどの活躍を見せました。

大学卒業後は実業団の協和発酵キリンに所属し、その後日本人初となるインドリーグへ参戦し、チームの優勝に貢献。技術や「勝負師としての勘」を磨き上げていきました。


写真:吉田雅己(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

2018年からはTリーグに参戦し、ファーストシーズンからサードシーズンまでは岡山リベッツに所属していました。2021年の4thシーズンからは木下マイスター東京に所属しています。

2020年の全日本選手権では、自己最高となるシングルスベスト4に進出する活躍を見せました。

吉田雅己のTwitter

吉田雅己のプレースタイル

吉田雅己の戦型は右シェーク裏裏のドライブ型で、前陣でのプレーを主とし、両ハンドでの速い攻めを武器としています。サービス、台上技術も得意で、3、4球目で一気に相手をたたみかけるようなスタイルです。


写真:吉田雅己/撮影:ラリーズ編集部

また、吉田の代名詞であるハラキリサーブはYGサーブと似ていますが、吉田特有であるこのサーブは、吉田自身も初見だと8~9割はとれないと自負する強力なサーブです。

吉田雅己の使用用具

吉田雅己はバタフライの契約選手で、用具は全てバタフライのものを使用しています。使用用具は、ラケットがバタフライの「ビスカリア」で、ラバーはフォア面がバタフライの「ディグニクス09c」、バック面がバタフライの「ディグニクス05」を使用しているそうです。

>>【卓球】ビスカリアを徹底解説! 世界トップの選手からも愛されるラケットの特徴とは
>>【卓球】ディグニクス09Cの特徴を徹底解説! 粘着愛好家にもってこいの最先端ラバー
>>【卓球】ディグニクス05の特徴を徹底解説! 寿命やテナジーとの比較も

吉田雅己の世界ランキング

吉田雅己の世界ランキングは2017年2月には72位だったものの、翌月の2017年3月には42位と大幅にランキングを上げ、そのままの勢いで2017年8月には自己最高位である18位にまで上がりました。現在の世界ランキングは566位(2022年12月時点)です。

吉田雅己の国内大会での主な戦績

2006年 全日本選手権(カデットの部) 13歳以下男子シングルス:準優勝
2009年 全中 男子シングルス:優勝、男子学校対抗:優勝
2011年 全日本選手権 ジュニア男子シングルス:準優勝
インターハイ 男子学校対抗:優勝
2012年 インターハイ 男子シングルス優勝、男子ダブルス:準優勝、男子学校対抗:優勝
2014年 全日本選手権 男子シングルス:ベスト8
2015年 全日本選手権 男子シングルス:ベスト8
2016年 全日本選手権 男子ダブルス:優勝
2017年 全日本選手権 男子ダブルス:ベスト4
2018年 全日本選手権 男子ダブルス:準優勝
2020年 全日本選手権 男子シングルス:ベスト4
2022年 全日本選手権 男子シングルス:ベスト4

吉田雅己の国際大会での主な戦績

2013年 チェコオープン U21男子シングルス:優勝
ジャパンオープン U21男子シングルス:3位
2014年 スウェーデンオープン U21男子シングルス:優勝
チェコオープン U21男子シングルス:ベスト4
クロアチアオープン U21男子シングルス:ベスト4、男子シングルス:準優勝
2015年 ジャパンオープン U21男子シングルス:準優勝
韓国オープン U21男子シングルス:優勝、男子ダブルス:ベスト4
グランドファイナル U21男子シングルス:ベスト4

まとめ

ジュニア時代から国内外で多くの好成績を残しており、日本人として初めてインドリーグにも挑戦して結果を残した吉田雅己。現在はTリーグでも活躍しています。吉田のこれからの活躍に期待が高まります。

吉田雅己が活躍した試合の動画

吉田雅己に関する記事の一覧はコチラから

吉田雅己に関する記事一覧

男子ランキング
2023.01.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
7700 pt
2
馬龍(中国)
4400 pt
3
王楚欽(中国)
4345 pt
1
張本智和(日本)
3860 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2023.01.04
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6715 pt
3
王曼昱(中国)
5250 pt
1
早田ひな(日本)
2830 pt
2
伊藤美誠(日本)
2765 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt