強烈なスピンをかけるなら粘着ラバーを使ってみよう!


文:ラリーズ編集部

卓球は、使用するラバーのタイプによって得意な戦い方が変わります。強烈なスピンをかける戦い方をするのなら、数あるラバーのうち、粘着ラバーを使用するのがおすすめです。

ここでは、粘着ラバーとはどういった特徴を持っているのか、どのようなプレースタイルに向いているかについてご紹介します。

トリッキーなゲーム運びが可能!粘着ラバーの特徴について


粘着ラバーはその名のとおり、手で触ったときにベタベタとした触感のある粘着質のラバーです。粘着ラバーだとボールとラバーが当たるときに大きな摩擦力を生むので、ボールに強い回転がかかりやすくなります。粘着質の度合いは製品により差があり、自身の求める回転力に合わせて選ぶことができます。

粘着ラバーは大きく「強粘着」「弱粘着」「粘着テンション」の3つのタイプに分けられます。強粘着は文字どおり粘着力が強いタイプで、弱粘着は控えめなタイプ、粘着テンションは粘着力に加えてボールを弾く力も強化したタイプです。強い粘着力を生かしたスピンを使って戦いたいが、ある程度はボールスピードも欲しい、という場合は粘着テンションのラバーがおすすめです。

粘着ラバーを使用するとボールに強烈な回転がかかるため、ボールの軌道を変える、バウンド時に沈み込む、逆に大きく跳ねるといったトリッキーな攻撃が可能となります。相手の攻撃をブロックする際にも、他のラバーと比べて回転をつけやすいので、どこにボールが跳ねるのか分かりづらいナックルブロックで翻弄することが可能です。

一方で、粘着ラバーは回転をかける力が強い代わりに強打の威力は他のラバーより劣ります。どのラバーも一長一短なので、自身の卓球プレースタイルに合わせて選択することが大切です。

粘着ラバーでどう戦うか?


粘着ラバーには「回転をかけやすい」という特徴があるため、このラバーを使用して卓球の試合に挑む場合には、ボールに回転をかけるスキルが必要となります。その上で、スピンを多用した戦い方が自分に合っていると感じるなら、粘着ラバーが大きな力を発揮するはずです。

粘着ラバーを使用する場合、どのような戦い方ができるでしょうか。
粘着ラバーとテンション系ラバーだと、ドライブの打ち方が大きく変わります。ドライブには主に食い込ませるドライブと擦るドライブがあり、食い込ませるドライブは速い球速で打ち抜くことを目的とし、擦るドライブは回転をかけることで相手を翻弄することを目的とします。粘着ラバーを使用すればボールの回転数が上がるため、擦るドライブを中心に組み立てることになります。

擦るドライブは、相手のブロックを弾き飛ばす目的でも使われます。擦るドライブは食い込ませるドライブより球速が落ちるので、ブロックは間に合いやすいといえますが、強い回転により相手のところへ打ち返すのが難しくなるのです。
また、食い込ませることによるスピードドライブと同じく、一撃で打ち抜くような攻撃も可能です。粘着ラバーを使ってカーブドライブを打つと、他のラバーと比べて大きく横へ切れます。これに追いつくことは難しく、ノータッチで得点につなげることもできるのです。

粘着ラバーを使えば、ドライブ以外でもトリッキーでテクニカルな戦い方が可能となります。特に威力を発揮するのがサーブで、粘着ラバーで回転をかけるサーブは回転量が多い為、レシーブが難しくなり、サービスエースによる得点を狙うことができるのです。
その他、チキータやストップなどの台上技術においても強い回転をかけることができるので、トリッキーな軌道を多用したテクニカルな戦い方を追求することができます。

もちろん、粘着ラバーには注意しなければならないポイントもあります。例えば、大きなアドバンテージを得られるサーブにおいては、リターンされたときに自分がかけた回転が残り、次の攻撃が難しくなるという側面もあります。また、相手がかけたスピンの影響を受けやすいという特徴もあり、スピンの勢いを上手く殺せずにあらぬ方向へ弾いてしまうリスクがあります。これらのディスアドバンテージに対応するには、ボールにどのようなスピンがかかっているかを瞬時に見抜き、適切な対応をするというスキルを磨くことが大切です。

強打が打ちづらくなるのも、粘着ラバーの弱点です。前陣で戦っている間に大きなパワーが必要になるケースは少ないですが、台を離れて中陣、後陣と下がるにつれ、粘着ラバーの遅いボールは相手に見切られるリスクが高くなります。

相手を翻弄する卓球プレーヤーに

粘着ラバーを使えば、強く切れるサーブでエースを狙ったり、擦るドライブで相手のブロックを崩したりといった技を効果的に打ち出せるようになります。強烈なスピンを駆使したテクニカルな卓球スタイルを目指すなら、粘着ラバーをぜひ試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう