Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.10.26

【卓球・Tリーグ】エース丹羽が吉田にリベンジ 琉球2連勝で前半折り返す


*写真は丹羽孝希(琉球アスティーダ)

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン男子 10月26日(金)武田テバ オーシャンアリーナ>

両国国技館での男女開幕戦を終えたTリーグは、26日から28日まで男女各4チームずつが一同に会して戦う「セントラル方式」でのステージに移行する。

男子は名古屋の武田テバオーシャンアリーナ、女子は東京・立川市のアリーナ立川立飛がその会場だ。

男子のカードは、リオ五輪男子団体銀メダリストの丹羽孝希と台湾のエース荘智淵を擁するタレント軍団「琉球アスティーダ」と、独ブンデスリーグ1部で昨シーズン最多勝の森薗政崇や全日本社会人3連覇の上田仁らを主力とした「岡山リベッツ」となった。

相撲の聖地、両国国技館からフットサルの聖地、武田テバオーシャンアリーナに場所を移して行われた両チームの試合は初戦から激戦となった。

1番:森薗政崇/横山友一 0-2 荘智淵/陳建安

*写真は陳建安(琉球アスティーダ・左)と荘智淵(琉球アスティーダ・右)

1番のダブルスは昨年の世界選手権ダブルス銀メダリストの森薗政崇と岡山出身の横山友一ペア(岡山リベッツ)が、世界選手権金メダルの実績のある台湾のエースダブルス荘智淵、陳建安ペア(琉球アスティーダ)に挑む形となった。森薗得意のチキータで接戦となる場面もあったが、長年ペアを組む荘・陳ペアは安定感のあるプレーでストレート勝ち。荘が陳にマメに話しかけ、コミュニケーションを取る様子が印象的だった。

森薗政崇・横山友一(岡山リベッツ)

*写真は森薗政崇(岡山リベッツ・左)と横山友一(岡山リベッツ・右)

2番:吉田雅己 1-3 丹羽 孝希

*写真は吉田雅己(岡山リベッツ・左)と丹羽孝希(琉球アスティーダ・右)

2番のシングルスは今年のインドリーグで活躍した吉田雅己(岡山リベッツ)と丹羽孝希(琉球アスティーダ)の青森山田高校OB対決となった。今年1月の全日本選手権では吉田が丹羽を下していたが、Tリーグ初戦で気合の入っていた丹羽は強かった。凡ミスの少ない安定したプレーで試合をコントロールし、勝負所のロングラリーでも丹羽の代名詞である切れ味鋭いカウンタープレーを見せ3-1で勝利。名古屋の観客をどよめかせた。

丹羽のリベンジで2-0リードと勢いに乗る琉球アスティーダがこのまま試合の流れをつかむのか。

Tリーグ2018/19男子開幕戦(前半)岡山リベッツ 0-2 琉球アスティーダ

森薗政崇/横山友一 0-2 ◯荘智淵/陳建安
9-11/7-11

吉田雅己 1-3 ◯丹羽 孝希 
9-11/11-5/9-11/4-11

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」