【卓球・Tリーグ】張一博が選手兼コーチの"二刀流"で琉球アスティーダに加入 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

大会報道 【卓球・Tリーグ】張一博が選手兼コーチの“二刀流”で琉球アスティーダに加入

2018.09.12 文:ラリーズ編集部

*写真は張一博Tリーグ琉球アスティーダ

11日、10月に開幕するTリーグの琉球アスティーダが張一博(ちゃんかずひろ)の入団を発表した。選手兼コーチの“二刀流”で琉球アスティーダに貢献することになる。

張は、鉄壁とも言える世界屈指の安定感を誇るブロックと堅実な攻撃を武器に、2010年の世界選手権(団体戦)では銅メダルに貢献。同年のワールドチームカップでは当時世界ランク1位で後にリオ五輪金メダリストとなる馬龍(中国)に勝利する。さらに、中国超級リーグ2013/14シーズンで優勝、日本リーグでも10年連続でのチーム優勝を果たし、国内外のリーグでもその強さを発揮してきた。

先日琉球アスティーダへの加入が決まった松平賢二とはダブルスを組んでITTFワールドツアーに出場した経験もあり、Tリーグ1番手がダブルス(Tリーグは5番勝負である。)であるため、チームの総合力を増す上でも張の加入は大きい。

また、琉球アスティーダは台湾三選手の加入が決定しており、中国語と日本語の両方が話せる張はチーム内コミュニケーションという観点でもリーダーシップを発揮するだろう。

7月に日本リーグ・東京アートを退社した張。卓球ファンからは彼のプレーが見れなくなることを残念がる声も聞かれていたが、Tリーグという新たな舞台で、張の活躍が見られることとなった。

琉球アスティーダ早川球団代表のコメント

この度、琉球アスティーダに張一博氏を迎えることができ、大変嬉しく思います。世界トップレベルで活躍した経験による的確なアドバイスにより選手のバックアップをして頂き、さらには選手として出場し結果を残してくれることでも琉球アスティーダの躍進へと貢献してくれることを期待しています。

Tリーグ開幕戦のカード

・10月24日(水) 
男子:T.T彩たま vs 木下マイスター東京(両国国技館)

・10月25日(木) 
女子:TOP名古屋 vs 日本生命レッドエルフ(両国国技館)

・10月26日(金) 
男子:岡山リベッツ vs 琉球アスティーダ(武田テバオーシャンアリーナ)     
女子:木下アビエル神奈川 vs 日本ペイントマレッツ(立川立飛アリーナ)

Tリーグ男子の試合日程一覧はこちらから
Tリーグ女子の試合日程一覧はこちらから

琉球アスティーダ 参戦選手

丹羽孝希

松平賢二

村松雄斗

小澤吉大

荘智淵

陳建安

江宏傑

写真提供:琉球アスティーダ

関連リンク

*写真は2016年全日本選手権の張一博7月30日、張一博(ちゃんかずひろ)が同月2日に東京アートを退社したことが日本リーグ実業団連盟公式サイトで発表された。張一博は中国出身で、名門・青森山田高校に留学し、インターハイシングルス準優勝、青森短期大学時代の2005…
元卓球日本代表、張一博が所属実業団の東京アートを退社 – rallys.online

ページが見つかりませんでした | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

– rallys.online

いよいよ開幕まで1ヶ月半を切った卓球新リーグ「Tリーグ」。男女8チームの新球団の中で最もアクティブにファンに向けた発信を続けている人物の一人が、男子のT.T彩たま執行役員監督の坂本竜介氏だ。ラリーズではこれまで坂本氏の発信に注目し「危機感ツイート」「イ…
【急募・卓球】「ため息がない試合会場へ」T.T彩たま坂本監督、Tリーグ盛り上げの… – rallys.online

ページが見つかりませんでした | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

– rallys.online

徐々にTリーグの参加選手が出揃いつつある。開幕まであと2ヶ月を切った段階で「出揃いつつある」とはなんとも剣呑な話だが、少なくとも男子は、日本のトップ選手たちが揃い踏み。水谷隼張本智和丹羽孝希吉村真晴…。メンバーを見渡せば「Tリーグが世界一レベル…
多くの人に卓球に興味を持ってほしい!Tリーグをプロ野球で考えてみた – rallys.online
男子ランキング
2022.01.11
世界
日本
1
樊振東(中国)
14145 pt
2
馬龍(中国)
10510 pt
3
許昕(中国)
8630 pt
1
張本智和(日本)
8505 pt
2
丹羽孝希(日本)
4943 pt
3
水谷隼(日本)
4578 pt
女子ランキング
2022.01.11
世界
日本
1
陳夢(中国)
13100 pt
2
孫頴莎(中国)
12500 pt
3
伊藤美誠(日本)
9965 pt
1
伊藤美誠(日本)
9965 pt
2
石川佳純(日本)
6440 pt
3
平野美宇(日本)
5713 pt