Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.10.25

【卓球・Tリーグ】名古屋の大黒柱・サマラが意地を見せ海外選手対決に勝利<女子開幕戦・4番シングルス>


*写真はサマラ(TOP名古屋)

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン女子開幕戦 10月25日(木)>

25日、卓球新リーグ「Tリーグ」の女子の部が開幕し、日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)がTOP名古屋(以下、名古屋)に対し、3点先取し勝利を確定させた。しかし、Tリーグは勝敗が決まっても4番のシングルスまで行うことになっている。もし日本生命が4-0で勝利すれば勝ち点4となるが、名古屋が1点返してスコア3-1になった場合は、日本生命の勝ち点は3となる。このような状況で迎えた4番シングルスは、陳思羽(日本生命)とサマラ(名古屋)の、Tリーグ初となる海外選手同士の対戦となった。果たして名古屋は一矢報いることができるのか。

4番:サマラ(名古屋)vs 陳思羽(日本生命)

第1ゲーム

Tリーグ選手として女子唯一のヨーロッパ選手である名古屋のサマラと、チャイニーズタイペイの影のエース・陳思羽(日本生命)の対戦となった。立ち上がりこそ陳がリードしたものの、高いラリー力でサマラが逆転に成功し、第1ゲームを取得した。体の大きな海外選手らしいダイナミックなラリーも見られ、会場の熱気にも拍車がかかった。

第2ゲーム

名古屋・サマラの長身を活かした力強いプレーは、2ゲーム目を迎えても冴え渡る。サマラが9-6までリードを保ったが、日本生命・陳にもギアが入る。一気にながれを取り返した陳が5連続ポイントをあげ、ゲームを1-1のイーブンに戻した。

第3ゲーム

ゲームカウント1-1で迎えた3ゲーム目は互いに様子を見合い、3-3とスコアを並べた。しかしここから名古屋・サマラがとにかく台にボールを入れ続ける粘り強いプレーをみせると、陳にもミスが出始める。この隙を逃さずにサマラが6連続ポイントでリードを広げ、11-5と一気に絵ゲームを奪い去った。名古屋にとっての初勝利を呼び込むまで、あと1ゲームとなった。

第4ゲーム

流れを掴んだサマラが台から離れた位置からのバックハンドドライブを駆使し、6-4とリードに成功する。これには日本生命ベンチもたまらずタイムアウトを宣言した。しかし風向きは変わらず、サマラが4連続ポイントでダメ押し。名古屋が待望の1点をあげた。

Tリーグ2018/19女子開幕戦 TOP名古屋 1-3 日本生命レッドエルフ

森薗美咲/呉穎嵐(名古屋) 0-2 ◯平野美宇/常晨晨(日本生命)
5-11/7-11

鄭怡静(名古屋) 1-3 ◯早田ひな(日本生命)
11-5/4-11/2-11/7-11

ソヒョウォン(名古屋) 2-3 ◯平野美宇(日本生命)
12-10/9-11/10-12/12-10/11-13

◯サマラ(名古屋) 3-1 陳思羽(日本生命)
11-7/9-11/11-5/11-5

女子開幕戦の全試合ダイジェスト動画はこちらから

女子開幕戦の結果はこちらから



男子開幕戦のダイジェスト動画はこちらから

男子開幕戦の全試合結果はこちらから




文・写真:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」