Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.10.27

【卓球・Tリーグ】松平志穂の王子サーブ炸裂 大阪ダービーは同点で後半戦に<10/27 日本生命vsニッペM>

松平志穂(日本ペイントマレッツ)

*写真は松平志穂(日本ペイントマレッツ)

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 10月27日(土)アリーナ立川立飛>

27日、アリーナ立川立飛にて女子Tリーグの日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)と日本ペイントマレッツ(以下、ニッペM)の試合が行われた。両国国技館での初戦を白星で飾った日本生命が連勝なるか、前日に初戦を落としているニッペMが初勝利をつかむのか、勝負の行方に注目が集まった。

10/27女子Tリーグ 日本生命 vs ニッペM 前半戦

日本生命とニッペMはともに大阪を拠点とするチームであり、この2チームの対戦は大阪ダービーとも称される。注目の試合が始まるとすぐに選手が順番に入場した。ニッペMからは馮天薇田代早紀李皓晴松平志穂、日本生命からは森さくら前田美優常晨晨陳思羽がそれぞれコートに並んだ。日本生命は2大エースの平野美宇早田ひなを欠いた状態で戦うことになるが、結果はいかに。日本生命とニッペMによる大阪ダービー、前半戦1番ダブルス・2番シングルスの結果を振り返る。

1番:常晨晨/陳思羽(日本生命) 2-1 馮天薇/田代早紀(ニッペM)

馮天薇(左)と田代早紀(日本ペイントマレッツ)

馮天薇(左)と田代早紀(日本ペイントマレッツ)


いよいよ幕を開けた女子Tリーグ大阪ダービー、1番のダブルスには常/陳ペア(日本生命)と、馮/田代ペア(ニッペM)が起用された。田代の緩急をつけるボールがニッペMペアに流れを呼び込むと、1ゲーム目をデュースでニッペMペアが奪う。しかし、徐々に自分たちのリズムを取り戻した日本生命の常/陳ペアが激しいカウンター合戦をデュースで制し、1ゲームを返した。Tリーグでは最終ゲームは6-6から行われるが、このゲームもデュースまでもつれ込み、全てのゲームがデュースになるという混戦模様に。最終的に勝利を掴んだのは、常/陳ペア。値千金の先制点を日本生命にもたらした。

2番:前田美優(日本生命) 2-3 松平志穂(ニッペM)

前田美優(日本生命)

前田美優(日本生命)


一本返したいニッペMは2番の松平に望みを託す。すると松平は左利きの前田(日本生命)に対し、得意技の「王子サーブ」を駆使して第1ゲームを圧倒。順調にチームの期待に応えると第2ゲームも同じ戦術でリードを広げるが、中盤に松平のサーブにフォルト(サーブミスとして相手の得点になる)が宣告される。このプレーから日本生命・前田が徐々に息を吹き返し、ついには1ゲームを奪い返すことに成功した。その後も1ゲームずつを取り合い、両者の対決はいよいよファイナルゲームに。最後はサーブでプレッシャーを与えた松平が見事に打ち勝ち、ニッペMに待望の1勝をもたらした。

大阪ダービーは1-1の同点でハーフタイムへ

松平志穂の王子サーブ

松平志穂(日本ペイントマレッツ)の王子サーブ


王子サーブを使いこなした松平(ニッペM)の勝利により、マッチカウント1-1のイーブンになった大阪ダービー。ニッペMには強力な外国人選手が2名控えているが、日本生命は食らいつけるか。いよいよ勝負は後半戦に、果たして大阪ダービーの行方は。

ここまでのダイジェスト動画

10/27女子Tリーグ 日本生命 1-1 ニッペM

◯常晨晨/陳思羽(日本生命) 2-1 馮天薇/田代早紀(ニッペM)
10-12/12-10/12-10

前田美優(日本生命) 2-3 ◯松平志穂(ニッペM)
3-11/13/11/7-11/11-3/9-11

これまでの試合結果





文・写真:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
松平志穂(日本ペイントマレッツ)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」