【卓球】ジキル&ハイドシリーズを徹底解剖 "二面性"を実現したXIOMの人気裏ソフト | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球用具紹介 【卓球】ジキル&ハイドシリーズを徹底解剖 “二面性”を実現したXIOMの人気裏ソフト

2023.01.10

「オメガⅦ」シリーズや「ヴェガ」シリーズで有名なXIOM(エクシオン)から新たな人気作が誕生しました。それが、「ジキル&ハイド」シリーズです。

今回は、「ジキル&ハイド」シリーズを徹底分析し、各ラバーの性能はどのようなものか、どのような選手に適しているのかを見ていきましょう。

「ジキル&ハイド」シリーズとは?

「ジキル&ハイド」シリーズは、2022年にXIOM(エクシオン)から発売されたスピン系テンションラバーのシリーズです。

XIOM(エクシオン)と言えば、裏ソフトの高性能ラバー「オメガV」シリーズや「オメガⅦ」シリーズ、コストパフォーマンスが高く初中級者でも扱いやすい「ヴェガ」シリーズと名だたる人気作を輩出してきています。

そのXIOM(エクシオン)から新たなシリーズとして誕生したのは「二面性」を持つ「ジキル&ハイド」シリーズでした。シリーズでは同年5月に『ジキル&ハイド V47.5』と『ジキル&ハイド H52.5』の2枚が最初に発売されました。

その後、同年11月には新たに『ジキル&ハイド V52.5』、『ジキル&ハイド X47.5』、『ジキル&ハイド X50.0』、そして『ジキル&ハイド Z52.5』の4枚が加わって2022年12月現在で6製品が展開されています。

それでは、各製品の特長と適した選手について詳しく見ていきましょう。

>>【卓球】36.5 ALXシリーズを徹底分析! シンプルの中にXIOMが業界初の技術を駆使したラケット

ヴェガをトップレベルに!『ジキル&ハイド V47.5』

『ジキル&ハイド V47.5』は「ヴェガ」シリーズの中でもプロ仕様にスピン性能が上がっている『ヴェガプロ』や『ヴェガX』を基にして製作されています。

直線的な弾道と強烈な回転の二面性を持ちあわせた『ジキル&ハイド V47.5』は、相手コートに低く返すことに優れています。回転量もあり、相手を翻弄できるラバーです。

使用者からは、スピードがよく出る、カウンターがやりやすい、といった声があります。カウンターを中心に戦術を組み立てるプレーヤーにおすすめです。

『ジキル&ハイド V47.5』購入はこちら
>>【卓球】ジキル&ハイド V47.5を徹底レビュー! 引っ掛かりを強めたXIOMの最新裏ソフトラバー

安定感のもとに破壊力を!『ジキル&ハイド H52.5』

『ジキル&ハイド H52.5』は、52.5度と硬めのスポンジでありながらも安定感を持ち合わせているラバーです。トップシートの表面を厚くしてボールに伝える威力を強化しています。

ボールが持ち上がりやすくなっている『ジキル&ハイド H52.5』は振りぬいた時の威力や打球感が他の「ジキル&ハイド」シリーズのラバーよりも優れています。

使用者からは、クセ球が出やすい、楽に持ち上がるから安心して前に振り切れる、といった声が挙がっています。ループドライブ中心ではあるが、一発威力のあるボールを打ちたい選手に適しています。

>>【卓球】ジキル&ハイド H52.5を徹底レビュー 中級層にも支持されるXIOMの攻撃ギア

スピードをさらに追求!『ジキル&ハイド V52.5』

『ジキル&ハイド V52.5』は、『ジキル&ハイド V47.5』と同じくスピードと引っ掛かりを重視したラバーです。スポンジを『ジキル&ハイド V47.5』よりも硬い52.5度にすることでさらに威力を追い求めたラバーとなっています。

また、硬めのスポンジにすることで薄くとらえたときの回転も『ジキル&ハイド V47.5』より強烈となります。『ジキル&ハイド V47.5』では柔らかいと感じるプレーヤーには『ジキル&ハイド V52.5』がおすすめです。

>>【卓球】ジキル&ハイド V52.5を徹底分析! 強い弧線と高反発が持ち味のXIOM新シリーズラバー

スマッシュも自由自在に!『ジキル&ハイド X47.5』

『ジキル&ハイド X47.5』は、「ジキル&ハイド」シリーズの中でもスマッシュやミート打ちに着目したラバーとなっています。

ミート打ちがやりやすいようにボールの飛び出し方も直線的になりつつも弧線を描き、スピードを極限まで高めています。一方で擦れば引っ掛かりを活かした強い回転のボールが相手コートに放たれます。

使用者からは、ミート打ちがやりやすい、サービスや台上技術でも安定感がある、といった声があります。スマッシュを試合の中で多用する選手に『ジキル&ハイド X47.5』は向いています。

>>【卓球】ジキル&ハイド X47.5を徹底解剖! XIOMの新シリーズに加わったスマッシュにも強い裏ラバー

硬さでミート打ちの破壊力が上昇!『ジキル&ハイド X50.0』

『ジキル&ハイド X50.0』は、『ジキル&ハイド X47.5』と同じくミート打ちのやりやすさと威力にも注目したラバーです。

『ジキル&ハイド X47.5』よりも硬いスポンジで、相手の回転の影響をより受けにくい仕様となっています。また、振りぬいた時の威力も上がっています。

『ジキル&ハイド X47.5』では物足りない選手に『ジキル&ハイド X50.0』は真価を発揮します。

>>【卓球】ジキル&ハイド X50.0を徹底解説! XIOMに新登場の「X」が指すハイブリッドラバー

あなたにもトップ選手の打球を!『ジキル&ハイド Z52.5』

『ジキル&ハイド Z52.5』は、「ジキル&ハイド」シリーズを含めXIOM(エクシオン)のラバーの中でもトップレベルの性能を誇っているラバーです。

XIOM(エクシオン)が持つ最新技術を導入し、プロ選手が使用するような性能のラバーを一般層にも普及すべく誕生したのが、『ジキル&ハイド Z52.5』です。

今よりも一段階パワーアップしたい選手は一度『ジキル&ハイド Z52.5』を使用してみる価値があります。

>>【卓球】ジキル&ハイド Z52.5を徹底解説 XIOM最高レベルの裏ラバーをより多くの選手へ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。「ジキル&ハイド」シリーズを選ぶ際は以下が基準となります。

・安定感の中にスピードを求めるなら、『ジキル&ハイド V47.5』
・ボールの吸いつきと威力を求めるなら、『ジキル&ハイド H52.5』
・スピードを追求するなら、『ジキル&ハイド V52.5』
・スマッシュやミート打ちを多用するなら、『ジキル&ハイド X47.5』
・ミート打ちを武器に戦うなら、『ジキル&ハイド X50.0』
・今よりも上のステージを目指すなら、『ジキル&ハイド Z52.5』

各製品を試してみて、「ジキル&ハイド」シリーズの持つ「二面性」を肌身で感じてみてください。

「ジキル&ハイドシリーズ」以外のおすすめラバーはこちら

>>【2022年最新版】卓球ラバーおすすめ45選 種類別ランキングも

男子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
7725 pt
2
馬龍(中国)
4400 pt
3
王楚欽(中国)
4345 pt
1
張本智和(日本)
3860 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6740 pt
3
王曼昱(中国)
5275 pt
1
早田ひな(日本)
2830 pt
2
伊藤美誠(日本)
2765 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt