【卓球・Tリーグ】全試合フルゲームの大接戦 大阪ダービー初戦はニッペMが制す<10/27 日本生命vsニッペM> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

Tリーグ 【卓球・Tリーグ】全試合フルゲームの大接戦 大阪ダービー初戦はニッペMが制す<10/27 日本生命vsニッペM>

2018.10.27

*写真は馮天薇(右・日本ペイントマレッツ)と陳思羽(日本生命)

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 10月27日(土)アリーナ立川立飛>

27日、アリーナ立川立飛にて女子Tリーグの試合が行われた。試合に臨んだのは日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)、日本ペイントマレッツ(以下、ニッペM)の2チーム。全試合フルゲームでビクトリーマッチ(延長線)までもつれ込んだ激闘を一気に振り返る。

前半は1-1で折り返した大阪ダービー

大事な1番のダブルスは全てのゲームがデュースという大接戦になったが、常晨晨/陳思羽ペア(日本生命)が馮天薇/田代早紀ペア(ニッペM)を破り、日本生命が貴重な先制点を上げた。続く2番のシングルスはニッペMの松平志穂が必殺技「王子サーブ」を巧みに操り、前田美優(日本生命)を退け、マッチカウントを1-1のイーブンに戻した。

海外選手の戦いは馮天薇(ニッペM)に軍配があがる

馮天薇(日本ペイントマレッツ)

Tリーグでは選手にそれぞれ実力に応じたランクを付けている。この3番は、最上級のランク「Sランク」をもつ2名、馮天薇(ニッペM)と陳思羽(日本生命)の対戦となった。序盤から世界トップクラスのラリーが続き、2ゲームずつ奪い合うと、この試合3度目の最終ゲームに突入した。ファイナルゲームは、序盤のハイレベルな長いラリーを制した馮が勝利。ニッペMはTリーグ初勝利に王手をかけた。

森さくらが魂の声を響かせ、日本生命のピンチを救う

後がない日本生命を救ったのは元気印・森さくらだった。ニッペMの李皓晴に対して持ち前のガッツで立ち向かい、2ゲームを先制。しかし李も譲らず2ゲームをすぐに取り返した。これで4試合連続で最終ゲームにもつれることになった。運命のファイナルゲームは、パワーの森が安定感の李を力で押し切り、見事に勝利。得点時に会場に響き渡る森の声は、観客を一層盛り上げた。勝負の行方はビクトリーマッチ(Tリーグ独自のルールで行われる1ゲームマッチの延長線)に委ねられる。

李皓晴がニッペMの勝利の女神に

李皓晴(日本ペイントマレッツ)

ビクトリーマッチの選手としてニッペMが選んだのは体が温まっている李皓晴。対する日本生命は陳思羽を選出した。1ゲーム先取のビクトリーマッチでは序盤のリードが重要になるが、この試合でスタートダッシュを決めたのは李皓晴だった。持ち前の安定感のあるプレーでそのまま得点を積み重ね、11-6と走り抜けた。

Tリーグの歴史に残る全マッチフルゲーム・VM突入の大接戦

この試合は振り返ると1番から4番まで全試合がフルゲームになり、ビクトリーマッチにももつれる大接戦であった。この試合はTリーグの歴史にも残る大接戦として語り継がれるだろう。勝利後のヒーローインタビューで、松平志穂は「どの選手も声援に救われた」と会場のファンに感謝の気持ちを伝えた。

この試合のダイジェスト動画

10/27女子Tリーグ 日本生命 2-3 ニッペM

常晨晨/陳思羽(日本生命) 2-1 馮天薇/田代早紀(ニッペM)
10-12/12-10/12-10

前田美優(日本生命) 2-3 ◯松平志穂(ニッペM)
3-11/13-11/7-11/11-3/9-11

陳思羽(日本生命) 2-3 ◯馮天薇(ニッペM)
6-11/11-7/11-9/9-11/8-11

◯森さくら(日本生命) 3-2 李皓晴(ニッペM)
12-10/11-8/8-11/11-13/11-7

陳思羽(日本生命) 0-1 ◯李皓晴(ニッペM)
6-11

これまでの試合結果

文・写真:ラリーズ編集部

関連リンク

男子ランキング
2020.08.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.08.12
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt