Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.10.28

【卓球・Tリーグ】ニッペMが勝利に王手、白星なしの名古屋は挽回狙う<10/28 名古屋vsニッペM>

田代早紀と馮天薇

*写真は田代早紀(左)と馮天薇(ともに日本ペイントマレッツ)

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 10月28日(日)アリーナ立川立飛>

28日、華々しく開幕してから5日目となったTリーグ。TOP名古屋(以下、名古屋)と日本ペイントマレッツ(ニッペM)の対戦が行われた。5日連続の試合も今日で一区切りとあって、選手の活躍をひと目見ようと熱狂的なファンが会場に集った。

10/28女子Tリーグ 名古屋 vs ニッペM

両チームともにベンチ入りしたのは4名の選手。名古屋がエリザベタサマラ(以下、サマラ)、森薗美咲鄭怡静、鈴木李茄を、ニッペMが田代早紀松平志穂馮天薇李皓晴を起用した。

1番:森薗美咲/鄭怡静(名古屋) 1-2 馮天薇/田代早紀(ニッペM)

チームマッチの流れを左右する1番ダブルスに出場したのは、名古屋・森薗/鄭ペアとニッペM・馮/田代のペア。ともに国内社会人の実力者と、世界トップクラスの海外選手で構成されたダブルスになった。2ゲーム先取のダブルスで特に重要な意味を持つ第1ゲームを取ったのは名古屋の森薗/鄭ペア。2018女子W杯3位の鄭のテクニカルなプレーがニッペMペアのミスを誘った。しかし、ロンドン銅メダリスト馮が率いるニッペMペアもレシーブから先手を取り1ゲームを奪い返す。勝負はポイント6-6からスタートする短期決戦、最終ゲームにもつれ込んだ。最後は田代のチキータレシーブ(ボールの横を捉えて返球する台上技術)が森薗のフォアクロスを抜き去り、ニッペMに貴重な先制点が入った。

2番:サマラ(名古屋) 1-3 李皓晴(ニッペM)

李皓晴とサマラ

李皓晴(左・日本ペイントマレッツ)とサマラ(TOP名古屋)


2番シングルスに出場したのは女子Tリーグにヨーロッパから唯一参戦しているサマラ(名古屋)と、ニッペMの李皓晴。パワーのサマラと安定感の李という構図になり、見ごたえのあるラリーが続いた。結果は、サマラの攻撃的なプレーをカウンターでうまくさばいたニッペM・李が勝利。2日連続でシングルスで敗れていた李にとっては嬉しい勝ち星となった。

ニッペMがマッチカウント2-0リードで後半戦へ

ニッペMが幸先よく2マッチを制して後半戦に向かうことに、ここまで勝ち星がない名古屋はなんとしても食らいつきたいところだ。

ここまでのダイジェスト動画

10/28女子Tリーグ 名古屋 0-2 ニッペM

森薗美咲/鄭怡静(名古屋) 1-2 ◯馮天薇/田代早紀(ニッペM)
11-5/7-11/9-11

サマラ(名古屋) 1-3 ◯李皓晴(ニッペM)
9-11/11-9/9-11/7-11

Tリーグ・その他の試合結果





文・写真:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
田代早紀と馮天薇
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」