【2023年最新版】卓球テンションラバーおすすめ20選 初心者~上級者向けも紹介 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球用具紹介 【2023年最新版】卓球テンションラバーおすすめ20選 初心者~上級者向けも紹介

2023.01.18

現代のドライブ主流の時代において、テンション系裏ソフトラバーは非常に多くの選手に使用されています。選手からの人気が高いだけあって、各メーカーが様々な種類のテンションラバーを展開しています。

今回は種類が多すぎてどれを選んだらいいかわからないという選手のために、おすすめのテンションラバーをご紹介します。自分のプレーをさらに引き出してくれるようなぴったりのテンションラバーが見つかるかもしれません。

>>【2023年最新版】柔らかい卓球ラバーおすすめ10選 メーカー別おすすめ一覧
>>【2023年最新版】バック向け卓球ラバー人気/おすすめ20選 裏ソフト/表ソフト/粒高/アンチを紹介
>>【2023年最新版】卓球粘着ラバーおすすめ13選 初心者向けの打ち方,使用時の注意点も
>>【2023年最新版】カットマンにおすすめの卓球ラバー10選 練習方法も解説
>>【2023年最新版】ブロックがしやすい卓球ラバーおすすめ10選 堅実なプレーをサポート
>>【2023年最新版】ドライブがしやすい卓球ラバーおすすめ10選 現代のスタイルにマッチしたラバーを紹介
>>【2023年最新版】卓球裏ソフトラバーおすすめ30選 メーカー別一覧

テンションラバーとは?

テンションラバーとは、ラバーのシートを引っ張られた状態(=テンションがかかった状態)にすることで、高い反発力、摩擦力を実現したラバーです。1997年にバタフライの「ブライス」が世界初のテンション系ラバーとして登場すると、瞬く間に卓球界のトレンドを席巻し、現在に至るまで主流のラバーとなっています。

一般的には裏ソフトラバーに多いですが、最近では表ソフト、粒高にもテンションラバーが増えています。

【最新版】卓球テンションラバーおすすめ20選

おすすめ①:テナジー05(バタフライ)

おすすめのテンションラバー1つ目は、テナジー05(バタフライ)です。

「スプリング・スポンジ」と「エネルギー内蔵技術」が生む独特の打球感を有するラバーです。テナジーシリーズの中でも強烈な回転をかけられることが特徴です。マルコス・フレイタス(ポルトガル)や上田仁T.T彩たま)のように回転量の多いドライブ主体でプレーする選手にオススメのラバーです。

>>『テナジー05』を詳しく見る
>>【卓球】テナジー05の特徴を徹底解説! 抜群の安定感を誇る最強ラバーの魅力とは

おすすめ②:ハモンドZ2(ニッタク)

おすすめのテンションラバー2つ目は、ハモンドZ2(ニッタク)です。

『ハモンドZ2』は、2022年6月にニッタクから発売された最新裏ソフトラバーです。『ハモンドZ2』には、ニッタクの新技術「ZC(ゼットチャージ)」が搭載されています。

通常の『ハモンド』が高弾性から弾みを強化した「IE(エネルギー集約型)」ラバーであるのに対して、『ハモンドZ2』に搭載された「ZC(ゼットチャージ)」は、「フライアット」シリーズに搭載の「AC(アクティブチャージ)」よりも反発力が強くなっています。

この「ZC(ゼットチャージ)」を採用したスポンジによって、ラバー自体のエネルギーロスを軽減しながら反発を強くすることを可能にしました。

>>『ハモンドZ2』を詳しく見る
>>【卓球】ハモンドZ2を徹底レビュー! ニッタク渾身の”落ちない”新作ギア

おすすめ③:エボリューション MX-P(TIBHAR)

おすすめのテンションラバー3つ目は、エボリューション MX-P(TIBHAR)です。

中上級の選手がラバーに求めるニーズを全て備えているラバーです。グリップ力が強いシートは、強く回転をかけることができ、「掴む」打球感を実現しています。気泡の大きい堅めのスポンジは、打ち合いに負けない打球を可能にします。

台上から中・後陣まで、オールラウンドに強みを発揮でき、ブラディミル・サムソノフ(ベラルーシ)やベルナデッタ・スッチ(ルーマニア)らヨーロッパのトップ選手にも愛用されています。

>>『エボリューションMX-P』を詳しく見る
>>【卓球】エボリューションMX-Pの性能/重さ寿命を徹底レビュー TIBHER(ティバー)渾身のパワーヒッター用ラバー

おすすめ④:ライガンスピン(ヤサカ)

おすすめのテンションラバー4つ目は、ライガンスピン(ヤサカ)です。

ともに柔らかめで、グリップ力の高いシートとテンションスポンジを組み合わせることで、扱いやすいラバーになっています。しっかりとボールを掴みながら回転をかける事が出来るため、どんなボールに対しても安心して打球する事が出来ることが特徴です。

>>『ライガンスピン』を詳しく見る
>>【卓球】ライガンスピンの性能を徹底レビュー ヤサカの独自技術を盛り込んだ安定型裏ソフトラバー

おすすめ⑤:ヴェンタスエキストラ(VICTAS)

おすすめのテンションラバー5つ目は、ヴェンタスエキストラ(VICTAS)です。

「スピード」と「掴みやすさ」を両立した新開発のスポンジと、ボールの回転エネルギーを増幅する新次元の弾力性を備えたトップシートを搭載。回転による安定性に加え、スピードドライブ、フラット打法(スマッシュやミート打法)などのスピード攻撃重視の選手におススメのラバーです。

このラバーを試打した松平賢二(協和キリン)は「良いラバーは、ツッツキやナックル性の低いボールをドライブする時に思い通りの回転と弧線を描いてくれますが、『ヴェンタスエキストラ』にはそれがありますね。安心感のあるラバーで、中級者だけではなくて上級者も使える性能を持っていると感じました。」とコメントしています。

>>『ヴェンタスエキストラ』を詳しく見る
>>【卓球】ヴェンタス エキストラの性能を徹底レビュー スピードと回転の両立した威力重視のラバー

おすすめ⑥:V>15 Extra(VICTAS)

おすすめのテンションラバー6つ目は、V>15 Extra(VICTAS)です。

世界選手権に出場した丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)や吉村和弘(個人)をはじめ日本だけでなく世界のトップ選手が使用してきた大ヒットラバーです。強烈な回転とスピードを併せ持つ威力重視のV>15 Extra(エキストラ)カウンターや、台から下がったプレーでも高い質のボールを繰り出せることが強みです。

自ら打ち抜くボールが打てるラバーでパワーが必要ですが、女子選手でも使用できます。

>>『V>15 Extra』を詳しく見る
>>【卓球】V>15 Extra(エキストラ)の特徴を徹底解説! 決定打が続出する威力重視ラバー

おすすめ⑦:V>15 Stiff(VICTAS)

V>15 Stiffの購入は卓球専門店EC TEN ALLで!

おすすめのテンションラバー7つ目は、V>15 Stiff(VICTAS)です。

「V>15」シリーズの1枚で、中硬度のスポンジによる高い安定感が特徴のラバーです。「V>15 Extra」よりも打球感が軟らかく、より多くの選手が使いこなせるラバーになっています。クセがなく扱いやすいため、様々なラケットに合わせやすく、ラリー志向の選手に向いていると言えるでしょう。

>>【抜群の安定感】V>15 Stiff(スティフ)を徹底解剖 VICTASを代表する「V>15」シリーズの一枚

おすすめ⑧:ヴェガヨーロッパ(XIOM)

おすすめのテンションラバー8つ目は、ヴェガヨーロッパ(XIOM)です。

13種類あるヴェガシリーズでも初心者や、力が弱い女性や子供にも使いやすいラバーです。軟らかいスポンジと軟らかいシートを組み合わせたており、ソフトな打球感で扱いやすさは抜群。ドライブやスマッシュで抜群の安定感を発揮します。揺るぎない信頼性を誇る大ヒットラバーです。

>>『ヴェガヨーロッパ』を詳しく見る
>>【卓球】ヴェガヨーロッパの特徴を徹底レビュー ロングセラーラバーの秘密に迫る

おすすめ⑨:ラクザ7(ヤサカ)

おすすめのテンションラバー9つ目は、ラクザ7(ヤサカ)です。

ヤサカ社から発売されている「ラクザ」シリーズの中でも、スポンジが柔らかくコントロールを重視したラバーです。トップシートの高いグリップ力でインパクトの瞬間にしっかりボールを掴むことができるため、相手コートに弧線を描いたボールを自然と返球することが出来ます。

>>『ラクザ7』を詳しく見る
>>【卓球】ラクザ7の特徴を徹底解説! 初~中上級者に満遍なく人気を誇る卓球ラバー

おすすめ⑩:RED MONKEY(Rallys)

おすすめのテンションラバー10個目は、RED MONKEY(Rallys)です。

国内最高峰のラバーメーカーと共同開発された「RED MNOKEY」(レッドモンキー)は、硬めのスポンジを採用したハイテンションラバーであり、回転とスピードを高い次元で両立しています。しっかりとしたインパクトが出来れば、凄まじい威力のボールを生み出すことが可能です。

さらに、「RED MNOKEY」(レッドモンキー)の一番のポイントは1枚3980円(定期便での購入の場合)という、そのコストパフォーマンスの良さです。ラバー価格の高騰化が著しい昨今の卓球界において、このスペックのラバーが1枚3980円で購入できることは、かなり注目すべき点と言えます。

>>『REDMONKEY(レッドモンキー)』を詳しく見る
>>【最新版】REDMONKEY(レッドモンキー)、REDMONKEY Spin(レッドモンキースピン)が試打できる卓球場一覧

おすすめ⑪:ラクザX(ヤサカ)

おすすめのテンションラバー11個目は、ラクザX(ヤサカ)です

プラスチックボール対応のラバーで、独自のトップシートにより、相手の強い回転にも負けずにしっかりと回転をかけ返すことができるギアに仕上がっています。従来のラバーよりも長くグリップしている感覚があり、抜群の安定感が強みです。

硬めのパワースポンジを組み合わせる事で十分な弾みと飛距離を持ち、相手の回転に負けない力強いドライブ攻撃に最適なラバーです。パワーに不安がある選手はスポンジが柔らかめなラクザXソフトがオススメです。

>>『ラクザX』を詳しく見る
>>【卓球】ラクザXの特徴を徹底解説! その秘密はグリップ力にあった

おすすめ⑫:ファスタークG-1(ニッタク)

おすすめのテンションラバー12個目は、ファスタークG-1(ニッタク)です。

ファスタークシリーズの中でも、シートでグリップして弧を描くことに特化しており、強いドライブに打ち負けない強靭さが魅力のラバーです。ハードな打球感でありながらボールをしっかり捉えて押し出し、ボールに更なる威力を生み出すスポンジと、グリップ感覚に優れた「テンションスピンシート」の組み合わせは、幅広い層に愛されています。

トップ選手では、伊藤美誠(スターツ)や森薗政崇(BOBSON)が愛用しています。

>>『ファスタークG-1』を詳しく見る
>>【卓球】ファスタークG-1を徹底解説! 抜群の安定感でスピンドライブならお手の物

おすすめ⑬:ファスタークC-1(ニッタク)

おすすめのテンションラバー13個目は、ファスタークC-1(ニッタク)です

柔らかめのスポンジを採用したことによる「安定感」が一番の特徴で、ラリー中に十分な体勢で打てない時もしっかり回転がかかり、相手コートに収まってくれます。ブロック、スマッシュなどのフラット系打法でも柔らかめのスポンジのおかげでしっかり食い込んで、思い通りのボールが出せます。シート自体が硬めなので、サーブや台上プレーなども回転がしっかりかかり、コントロール性能に優れています。

>>『ファスタークC-1』を詳しく見る
>>【卓球】ファスタークC-1を徹底解説! 中級者のバック面にオススメのラバー

おすすめ⑭:ディグニクス05(バタフライ)

おすすめのテンションラバー14個目は、ディグニクス05(バタフライ)です。

「スプリング スポンジ」よりも弾性を高めた「スプリング スポンジX」を採用し、より高いレベルのプレーを可能にするラバー。そこに打球時の球持ちを重視し、かつ磨耗耐久性を強化した独自のシートとの組み合わせることで、トッププレーヤー御用達のラバーとなった。張本智和(木下グループ)やティモ・ボル(ドイツ)のように、前中陣でのパワードライブやカウンターなど、回転を重視した攻撃的なプレーをハイレベルで求める選手にお勧めです。

>>『ディグニクス05』を詳しく見る
>>【卓球】ディグニクス05の特徴を徹底解説! 寿命やテナジーとの比較も

おすすめ⑮:ディグニクス09C(バタフライ)

おすすめのテンションラバー15個目は、ディグニクス09C(バタフライ)です。

ディグニクス09Cはバタフライがティモ・ボル(ドイツ)と共同で開発した次世代型粘着ラバーです。

粘着ラバーに相応しい回転力を残しながらも、バタフライのラバーらしい高弾性を備えているのが最大の特徴です。回転量の多い重いボールや早いピッチのラリーで決めたい、トップ志向のプレイヤーに適しています。

>>【卓球】ディグニクス09Cの特徴を徹底解説! 粘着愛好家にもってこいの最先端ラバー

おすすめ⑯:ラザンターR47(andro)

おすすめのテンションラバー16個目は、ラザンターR47(andro)です

最新鋭のトップシートとグリーンスポンジにより、常識破りの回転性能・高い弾道・飛距離を兼ね備え、威力重視の仕様となっています。一番厚いスポンジは2.3mmとほかのラバーよりも厚いため扱いが難しいラバーとなっており、上級者をターゲットにしたラバーです。

>>『ラザンターR47』を詳しく見る
>>【卓球】ラザンターR47を徹底レビュー プラスチックボールで圧倒的な力を発揮する新ラバー

おすすめ⑰:ロゼナ(バタフライ)

おすすめのテンションラバー17個目は、ロゼナ(バタフライ)です

テナジーにも使用される「スプリングスポンジ」を搭載するラバーで、新開発のトップシートを組み合わせた“トレランス” の高さが特徴です。バタフライ独自のハイテンション技術によって十分な威力を発揮しながらも、微妙なラケット角度やスイング方向の誤差を補い、プレーに安定感を生み出すため、初心者でも扱いやすいラバーとなっています。

>>『ロゼナ』を詳しく見る
>>【卓球】ロゼナの特徴を徹底解説 バタフライの万能型ラバーの性能とは?

おすすめ⑱:ラザンターC48(andro)

おすすめのテンションラバー18個目は、ラザンターC48(andro)です。

『ラザンターC48』は、2022年6月にAndro(アンドロ)から発売された微粘着テンションラバーです。これまでAndro(アンドロ)といえば、2017年から『ラザンターR47』を筆頭にスピン系テンションラバー「ラザンター」シリーズを展開してきました。

『ラザンターC48』には、これまでの「ラザンター」シリーズにはない新たな粒形状が搭載されています。カウンターをやる際に最適な形状となり、相手の球威に負けないシートとなっています

>>【卓球】ラザンターC48を徹底レビュー! andro(アンドロ)が目指したのは「C」に強い裏ソフトラバー

おすすめ⑲:ゴールデンタンゴ(JOOLA)

おすすめのテンションラバー19個目は、ゴールデンタンゴ(JOOLA)です。

「ゴールデンタンゴ」は粘着性トップシートと54度テンションスポンジの組み合わせで、中国製ラバーに代表される粘着性ラバーの良さを最大限に活かしたヨーラ最新の粘着テンションラバーです。

>>ゴールデンタンゴをレビュー 注目の粘着テンションラバー|卓球用具紹介

おすすめ⑳:ジキル&ハイド V47.5(XIOM)

おすすめのテンションラバー20個目は、ジキル&ハイド V47.5(XIOM)です。

『ジキル&ハイド V47.5』は2022年5月にXIOMから発売された最新テンション系ラバーで、最大の特徴は「引っ掛かりの強さ」と「反発力の高さ」です。引っ掛かりを強くすることでボールとの接触時間を長くしつつ、打った時にもボールが落ちない安心感を生み出すことができます。そのうえ反発力があることで、ボールにスピードと威力を加えることができるようになりました。

>>『ジキル&ハイド V47.5』を詳しく見る
>>【卓球】ジキル&ハイド V47.5を徹底レビュー! 引っ掛かりを強めたXIOMの最新裏ソフトラバー

まとめ:テンションラバーで勝てる卓球を実現しよう

いかがだったでしょうか。今回はおすすめのテンションラバーを紹介しました。本記事を参考にして、自分に合ったテンションラバーを購入して、勝てる卓球を目指してみてください。

テンションラバー以外のおすすめラバーはこちら

>>【2023年最新版】卓球ラバーおすすめ50選 種類別(裏ソフト/表ソフト/粒高)ランキングも

男子ランキング
2023.01.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
7700 pt
2
馬龍(中国)
4400 pt
3
王楚欽(中国)
4345 pt
1
張本智和(日本)
3860 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2023.01.04
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6715 pt
3
王曼昱(中国)
5250 pt
1
早田ひな(日本)
2830 pt
2
伊藤美誠(日本)
2765 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt